東京
女性
政治塾

東京
女性政治塾、
始動。

すべての女性が輝く
社会の実現のために。

設立
趣旨

女性のリーダーシップで政治、
そして社会を変える。

日本における女性国会議員の比率は先進国の中でも極めて低く、
191ヶ国中160位です。
衆議院465名中、女性議員47名(10%)、参議院242名中50名(20.7%)、
衆・参両院議員総数707名中、女性議員は97名(13.7%)(※)

日本では国会議員・地方議員ともに女性が少なく、
このことが様々な政策課題の停滞を招いております。
とりわけ政治分野での女性の参画が遅れており、
様々な分野における女性活躍を推進するためには、
まず政治分野において女性がリーダーシップをとり
政治を変えていくことが求められています。

そこでこの度、政治分野における女性の参画と活躍の土壌を作るために、
女性政治家育成塾を東京都に開設することと致しました。

主義主張や党派を超えて、
女性活躍と女性政治参画の推進を志す、
意欲の高い女性たちが幅広く集うことで、
活力ある学びの機会を、創造してまいります。

(※) 2018年4月10日現在

塾長/衆議院議員
野田聖子

開催
概要

開講期間 平成31年4月21日(日)開講、5月19日(日)、6月16日(日)閉講
講義会場 〒103-0028
東京都中央区八重洲1-8-17 新槇町ビル7階
「ビジョンセンター東京駅前」705号室

※会場は都合により変更になる場合があります。

講義内容 国や地方自治体の現状や課題とともに、これらを解決するために必要な知識・考え方を各分野の専門家から学ぶことで、政策提言が出来る素地を養う。
(講義は全3回を予定)
第1回講義

平成31年4月21日(日)
開塾式及び第1回講義
野田聖子塾長による開塾挨拶
第1回講義内容「女性活躍と女性の政治参画」

※6月最終講義・閉講式を開催予定。

入塾金及び受講料 入塾金1万円、受講料2万円(全3回分) 計3万円

応募
要項

応募資格
  • 開講日(平成31年4月21日)時点で18歳以上、日本国籍のみを有する女性の方。
  • 野田聖子の女性活躍と女性政治参画推進の理念に賛同し、将来政治家を目指している方、現在国会議員や地方議会議員として活躍している現役女性議員の方、または政治に強く関心のある方。
応募期間 平成31年2月9日(土)~3月10日(日)23:59まで
入塾の流れ 当HPよりお申し込み後、入塾審査を行います。
合格された方には、メールにて入塾手続きをご案内します。
入塾選考委員長

弁護士 森川 幸江(もりかわ ゆきえ)

お申込み方法
  • 当塾HPからご応募ください。
  • 「応募」ボタンをクリックすると、メールが立ち上がりますので、以下必要事項をメール本文に記載し、履歴書(顔写真つき)、小論文課題「入塾志望理由」のデータを添付の上、送信してください。
  • メール本文に記載いただく必要事項
    氏名、年齢、生年月日、住所、電話番号(自宅、携帯電話)、メールアドレス、保護者名(本人が未成年の場合のみ)
  • メールに添付していただく資料データ
    • :履歴書(顔写真つき)
    • :小論文課題「入塾志望理由」※文字制限なし
  • お申し込みは、「規約」及び「プライバシーポリシー」の記載内容のすべてに、ご同意頂くことが必要ですので、必ずお読みください。
応募はこちらから

school@noda-seiko.gr.jpに
必要事項と履歴書、
小論文を添付の上
お送りいただくことも可能です。

お問い合わせ

各種お問い合わせは、
「東京女性政治塾」事務局まで、
お電話またはメールにてお願いいたします。

「東京女性政治塾」事務局

058-276-2601

メールでお問い合わせ