プロフィール

powered by ReadSpeaker
このページは音声読み上げに対応しております。

生い立ち&略歴

  
昭和35年9月3日 父・島稔、母・島弘子の長女として生まれる。オリンピック開催年にちなみ、聖子(せいこ)と名付けられる。乙女座、A型。
昭和42年 田園調布雙葉小学校に入学。女子サッカーに熱中。
昭和48年 同中学校に進学。生徒会・ボランティア活動に取り組む。
昭和51年 同高校に進学。同級生とロックバンドを結成。
昭和52年 財団法人YFU日本国際交流財団・派遣学生奨学金制度の試験に合格。田園調布雙葉を高校2年生で中退し、アメリカ・ミシガン州の片田舎、ジョーンズビルへ。バスケットボールのチームに入部。
昭和53年 ジョーンズビル・ハイスクールを卒業し、日本へ帰国後、上智大学国際学部(当時)に入学。競技スキーに没頭。
昭和58年 上智大学外国学部比較文化学科を卒業し、株式会社帝国ホテルに入社。フロントやカフェテリアでの修行を経て、同社初の国際セールス部女性セールス部員となる。
昭和59年 祖母・野田光の死去に伴い野田卯一の養女となり、野田姓を継ぐ。
昭和61年 単身、岐阜へ移住し、生まれて初めての選挙活動を開始する。
昭和62年4月 岐阜県議会議員選挙に当選。
平成2年2月 第39回衆議院議員総選挙に立候補し、落選。
平成5年7月 第40回衆議院議員総選挙で初当選。
平成8年10月 第41回衆議院議員総選挙で再選。
平成8年11月 郵政政務次官(第2次橋本政権~平成9年9月)
平成10年7月 郵政大臣(第1次小渕政権~平成11年10月)
平成11年10月 衆議院議院運営委員会議事進行係、自民党国会対策委員会副委員長。
平成12年6月 第42回衆議院議員総選挙で三選。
平成12年7月 自民党政務調査会副会長。
平成12年12月 自民党筆頭副幹事長。
平成15年11月 第43回衆議院議員総選挙で四選。
衆議院総務委員会筆頭理事、自民党政務調査会副会長。
平成17年9月 第44回衆議院議員総選挙で五選。
平成20年8月 内閣府特命担当大臣(第二次福田政権~平成20年9月)
消費者行政推進担当大臣
宇宙開発担当大臣
平成20年9月 内閣府特命担当大臣(麻生政権)
消費者行政推進担当大臣
宇宙開発担当大臣
平成21年8月 第45回衆議院議員総選挙で六選
平成24年12月 第46回衆議院議員総選挙で七選
平成24年12月 自由民主党総務会長(第52代)

↑このページの上部へ

前国会(第168回臨時国会)

衆議院

国家基本政策委員会 理事

国土交通委員会 委員

超党派 骨髄バンク議員連盟会長
発達障害の支援を考える議員連盟副会長
生命倫理と生殖技術について考える会事務局長
和装振興議員連盟事務局長
各種団体 (学)東京聖徳学園聖徳大学名誉学長
日本食育士協会理事長
(財)日本盲導犬協会評議員
NPO法人ひまわりの会会長
夫婦別姓選択制実現協議会顧問
岐阜県バスケットボール協会名誉会長
岐阜県水泳連盟会長
岐阜県のプロスポーツを考える会会長
岐阜市乗馬会会長
岐阜県および岐阜市の団体顧問等多数

趣味

毎年、政経文化画人展に日本画作品を出展しております。
昨年は愛犬のキャサリンを描きました。

座右の銘

初心忘れるべからず

本文はここまでです。リンクメニューのご案内
このページの本文へ(C)
ページ内サブメニューへ(S)
メインメニューへ(M)
その他のコンテンツへ(E)
当サイトについて(F)